2008/01/23

小型コウイカの求愛行動

通称ノビ太君イカ。雄が求愛するときに、異常に体を伸ばします。写真で紹介できないのが本当に残念ですが、長さ2倍くらいになります。違う種類の通称ムチフリコウイカは、求愛のときに、雄がムチを振るように雌に向けて腕を振り回します。小型コウイカの求愛行動っておもしろい。。。

Jp_squid00113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/07

アカクラゲ

秋から冬にかけて伊豆の海に出没するアカクラゲ。触手を伸ばすと3mくらいになります。触手の近くで光って見えるのはアジの幼魚で、触手を隠れ家にして暮らしています。

Jp_invertibrade00060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/20

ホホジロザメのなに。

ホホジロザメのお腹についている棒状のもの。2本あります。まるで爆撃機の爆弾のようです。これはホホジロザメのペニスです。もちろん雄にしかありません。

Ca_gwshark012

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/12/12

傷だらけ

ホホジロザメの顔が傷だらけでした。アザラシやアシカを捕まえるときにできた傷でしょうか?それにしても、この顔、そしてこの歯、怖いですね。

Ca_gwshark001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

王者の風格の美しさ

ホホジロザメ。このサメには、人間を襲う怖いサメというイメージがありますが、私がこのサメを見たとき、王者の風格の美しさを感じました。

Ca_gwshark013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/05

アオザメ

サンディエゴ沖で撮影したアオザメ(英名マコシャーク)。この付近に生息するアオザメは、体長は3mくらいになるようです。フラッシュの反射で、体が不気味に光ってちょっと怖いですねえ。

Ca_shark004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/28

ウツボのカップル?

伊豆半島で、見かけたウツボのカップル?。

Jp_btmfish00087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

傷ついたマダコ2

翌日、昨日と同じ場所に行ってみると、もうマダコは死んでいた。カワハギがマダコの腕をおいしそうにつついていて、周りにはマダイやトラギスも集まっていた。マダコが守っていた卵はどうなったのだろう。

Jp_octpus00078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/19

傷ついたマダコ

西伊豆で撮影したマダコ。タイヤの中に産みつけた卵を守っていたらしいのですが、腕が何本か、もぎとられてしまっています。もう息も絶え絶えです。

Jp_octpus00074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

アカカマス

アカカマス。毎年夏から秋にかけて、伊豆半島で普通にみることができます。干物がおいしい。

Jp_swmfish00211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/09

アラスカの秋

アラスカ・デナリ国立公園の秋。9月中旬撮影です。

Ak_landscape022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

エルクの集まる池

カリフォリニア州レッドウッド国立公園にあるエルクの集まる池。エルク達はこの池で水を飲んだり、草を食べたりします。写真的にもきれいな景観です。後で案内板を見ると、この池の場所は元貯木場で、20年くらい前に自然景観の復元のために、人工的に池を作って、草を植えたことを知りました。

Ca_elk003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

ケルプの海で暮らす哺乳類3

ラッコ、英名Sea Otterです。イタチ科の哺乳類で、体長1~1.5m、体重25~40kg。アメリカ・カリフォリニア州には、2000頭くらいが生息しているといわれています。写真は、水面のケルプの間を泳いでいるラッコを、水中から撮影しました。

Ca_seaotter036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/31

ケルプの海で暮らす哺乳類2

ハーバーシール。北海道に生息するゼニガタアザラシの近種で、体長1.5m、体重約100kg。写真は生後1ヶ月くらいの赤ちゃんです。水中に現れた人間に興味深々で、いろいろなところから、私を覗いていました。

Ca_hbseal001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/26

ケルプの海で暮らす哺乳類1

カリフォルニアアシカ。体長2m以上、体重も300kgの大きな体なのに、僕の前をすごいスピードで身軽に泳いでいった。

Ca_sealion022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

ケルプの森で暮らす小さな生物3

ジャイアントケルプの根(樹木の根とは役割は違う)で、暮らすカニの仲間。鮮やかな赤が寒流の海に映えていました。

Ca_invertebrate007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

ケルプの森で暮らす小さな生物2

またエビですが、このエビはジャイアントケルプの茎の部分で見つけました。体長約2cm。

Ca_invertebrate018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/17

ケルプの森で暮らす小さな生物1

ケルプの葉の上で見つけたテナガエビ科の透明なエビです。体長約3cmですが、青い水玉模様がきれいでした。

Ca_invertebrate008_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/15

ガリバルディ

以前も一度登場したガリバルディ。カリフォルニア州南部からメキシコの太平洋岸に生息するスズメダイ科の魚です。ジャイアントケルプをバックにした写真をよく見かけるので、モントレーで見られると勘違いしているダイバーもいるようですが、ガリバルティはモントレーではほとんど見かけません。

Ca_fish039

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/10/10

シロギスの群れ

伊豆半島で撮影したシロギズの群れ。普段は1~2匹で泳いでいるのに、なぜかこのときには群れていました。

Jp_swmfish00229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«タカベ